名前がない人のブログなんだ

ここに名前を入力してください。

チキンカチャトーラという料理

 

(ブラインドタッチ練習記事)

こんにちは?こんばんは?

連日コンビニかスーパーのお弁当でご飯を済ませて野菜は野菜ジュースかサプリメントで代用するという生活が続いていたので、野菜をとりたいなと思いチキンカチャトーラという料理を作りました。(というか鳥もも肉も安かった。)

とってもおいしい料理なのですが、カチャトーラという名前はあまり馴染みがないですよね!しかしこのチキンカチャトーラは簡単に作れる料理なので、今日はこのチキンカチャトーラという料理を紹介します。

 

 

そもそもカチャトーラとは

カチャトーラ(Cacciatora)とは、鶏肉と玉ねぎ、ピーマン等の野菜のトマト煮込みのことで、イタリア語で「猟師風の」という意味をもつ単語だそうです。

猟師が狩りから帰ってきて、狩ってきた肉を野菜とまとめて煮込んだという男料理がルーツだからなのか、作業は本当に簡単です。

野菜と肉の下処理をして、鶏肉を焼き、その後野菜とカットトマト(缶)を鍋に入れて煮込むだけ。

 

それでは作っていきたいと思います。

 

鶏肉と野菜の下処理をする

f:id:sanagitosanagy:20180902225056j:image

鳥もも肉が安かったので、大きめのパックを購入したのですが、一度に作るため、下処理がめんどくさかったです。一口大に切った後は塩コショウをして、小麦粉を薄くまぶします。

また、今日使う野菜はズッキーニ、まいたけ、赤と黄色のパプリカの予定でした。しかし、ズッキーニが売り切れだったので茄子で代用したのと、案の定パプリカが高かったのでインスタ映えしそうな、というか単純に出来上がりの見た目を考えて黄色パプリカのみにしました。

 

鶏肉と野菜を炒める

下処理をした鶏肉と野菜を炒めていくのですが、まずは鶏肉から。

深めのフライパンにオリーブオイルと潰したにんにく....を入れて焼くのですが、そんな高級食材うちには当然ありはしないので、泣く泣くサラダ油とチューブのにんにくで代用しました。

男の料理は趣味化しやすく卍本格料理卍になりやすいのですが、一時期スパイスからカレーを作ってその後各スパイスの扱いに困った経験があるので、もう同じ過ちは繰り返すまいと思いまして...

安い自炊というのはな...冷蔵庫にあるものでどれだけうまい料理がつくれるか、これに尽きると思うんだ...

鶏肉をこんがり焼いた後は、野菜をいれて炒めます。

f:id:sanagitosanagy:20180902231148j:image

キッチン周りがあまり綺麗ではないのですが、真ん中の汚れは、前に(いやそれより前かもしれない)ここに住んでいた方のものなんですよね、家具付きのマンションのちょっと悩ましいところ。

 

トマト缶を開けて煮込む

見出しそのままです。トマト缶を開けるときは、はねに十分注意してください...白いTシャツを着ていたのですが、わざわざ脱いでからあけました。

20分ほど煮込めば完成です!

f:id:sanagitosanagy:20180902231737j:image

f:id:sanagitosanagy:20180902231746j:image

(赤い皿に盛るんじゃなかった)

ご飯・パンにも合うし、パスタにかけても美味しいし、冷めてもおいしいし、簡単に作れるしで本当にオススメです( ˘ω˘ )!

 

参考にしたレシピです↓

cookpad.com

 

おわり。

(あ、インスタ映えとか言っておきながらインスタやったことないです。)