じゅけんたいけん1にちめ(ほくだい)

0.いそがしいひとへ

 下のツイートはH30の経済経営の問題や面接について、ざっくり書いているのでこの記事のハイライトみたいになってます!

時間ねーから長ったらしい話読めないんだよ○ね!って方にオススメです!

 

 

 

1.基本情報

 編入試験について

  • 時期 例年8月下旬ごろ。この時期の北海道は涼しく過ごしやすい。。
  • 試験科目 TOEIC,経済学,経営学,面接(口述試験)

これ詳しくはHPみたほうがはやいよね。

www.econ.hokudai.ac.jp

過去問のページもあげる...!!探すのめんどいよね...!!

www.econ.hokudai.ac.jp

 

 

 

2.動機と準備と直前の焦り

 自分が北大を目指したのは、最適化理論の2集団マッチングを研究していた先生がいたからですが、それは建前で今年からTOEICが使えるのと8月中に試験がおわってラッキー!とおもったからです!

TOEICのスコアは願書とともに提出です。志望理由書も同封します。TOEICと志望理由書については、こちらのページを...!

 

hennyunikki.hatenablog.com

hennyunikki.hatenablog.com

 追記:北大のもう1人の合格者のTOEICスコアは750-800の範囲でした。

 

出願前は現大学のテスト期間やらなんやらで正直あせってました。出願書類ちゃんとあってる!?この勉強してて本当にいいの...とか...

しかも試験前に熱を出すという...(↓後日、本格的に発熱した。)

ぶろぐかくのたいへん
あああああ

3.試験と結果...

北大は例年大問4題構成で、選択して3つときます。

  • 大問1は(1)-(3)で経済学、(4)-(6)で経営学です。

  大問1は(1)-(6)に対し、全問必答つまり両方の知識が必要とされます。自分は経営学をほとんど勉強しなかった(経営学検定初級のテキストを挫折した)ので、(4)-(6)の経営学は完全にあきらめて、すべて解きませんでした。(後に1次合格者全員に聞いてみたら、全員きちんと(1)-(6)まで解いたと言っていたのであまりオススメな戦略ではないです。)

 

  • 大問2は(1)-(4)経済学(5)-(8)で経営学。8問中4問好きなものを選んで解答します。

  自分はすべて経済学を選択しました。

(で、でも!!OJTとOff-JTの説明くらいはできるんだからねっ!!!)

 

  • 大問3は経済学、大問4は経営学です。

  今年はそこまで難しい問題は出なかったのでちょっと安心しました。経営学を選択した友達によると、経営学も簡単だったそうです。

 

  •  解答用紙情報

  過去問題情報は割と独学の間でも出回るのですが、解答用紙の情報については全く出回らないので、一応解説しておきます。

解答用紙はB4サイズの縦長の紙に横書きで書いていきます。5行程度で説明を求めさせる問題が多く、時間が足りないし手がつかれる試験でした。

題自体はそこまで難しくないので、いかに背景の理論を理解してますか?という問題のように見受けられました。特に第1問の(1)については焦りました...

 

 

 

 こうして編入試験第1日目は11:00ごろに終了しました。

北大はその日のうちに1次合格者が言い渡され、2日目の面接に進める人が決定します。ですので、その後はTwitterで出会った北大受験の友達とご飯を食べたり、カラオケで時間をつぶしたりして、18:00の1次試験合格者発表を待ちました。

 

 

 

 2次の話はまた今度かきます。

面接の話は書きたいことがたくさんあるので、記事を分けます。