名前がない人のブログなんだ

公務員試験がわたしを待ってる。

志望理由書(ほくだい)

北海道大学経済学部の編入学試験のために志望理由書を仕上げたので、記事にしておきます。ぜひ優しい目でみてください。当時の自分の全力を出し切ったと思っています。編入が終わった今となっては修正したいところもちょこちょこあるのですが、写真加工しても仕方ないので、このまま残しておきます。

1.記念すべき最初の志望理由書と辛らつなコメント

 研究テーマを考え始めた時期は2017年の1月でした。経済学を勉強する中で経済や社会現象に関する素朴な疑問をレポート用紙にまとめていました。

例えば、

1.ブラック企業は社会にどんな影響を与えるのだろう?「悪貨が良貨を駆逐する」みたいな状況は起きないのかな?

2.ベーシックインカムってどうなの?働かずして最低限くらしていけるだけのお金がもらえるなら嬉しいけれど...

3.今は経済格差が広がってきていて、固定化されていると言われているけれど、経済格差は今後もっと広がるの?

などといったことを考えていました。

 

そして時は流れ、2017年5月

TOEICの勉強も終わり、本格的に志望理由書を作ることに。「志望理由書って、要するに入学後何がやりたいか、どんなゼミに入って何が研究したいか書くものだよね。それなら研究のことはあまり詳しくないし、身近にいる研究者に聞こう!」となり、自分の指導教官(社会心理学)と線形代数学を教わっていた先生に、以下のことを質問しました。

 

学部生の研究テーマって例年どうやって決めるの?

「もちろん原則としては学部生の希望にそって決めることが多いけど、(決まらない学生については)こちら側でこんなテーマはどう?と言って提案することもある。理科系は先生からテーマが与えられてることもあるみたいね。君はこれをやってね、みたいに。」(by 指導教官)

 

・学部生(院生)の研究テーマってかぶらないの?

「かぶった時は先行研究の追試として、その先行研究とは別の方法を用いて実験したりすることがあるよ。そして別の方法で先行研究と違う結果が出たら、なぜ違う結果になったのかについて考察をくわえるっていうこともあるね。」(by指導教官)

「かぶる!かぶったときは研究テーマごと変えなきゃいけないとかザラ!同じ時期に同じ研究やってて先に発表されちゃうとかよくあるよ!」(by 代数学の先生

 

線形代数学の先生の話と指導教官の話には大きな差があって正直2人の先生に聞きにいったことは間違いだった(?)などと思いつつも、多数の人が卒論を書くのだから絶対にかぶるよね、と思い、好きなテーマ、関心のあるテーマで志望理由書を書くことにしました。

そして、記念すべき最初の志望理由書ができました。↓

f:id:sanagitosanagy:20180520121056j:image

結構頑張った!!いいの書けた!!と思い、大喜びした記憶があります。またこの時、せっかくなので添削してもらおうと思い、指導教官に連絡しました。(もちろん指導教官の分野とは全く異なるので、文章表現の添削を期待して、ですが)すると、

指導教官「志望理由書、文章は割とよく書けてると思うよ、内容面はよくわからないけれど。そういえば知り合いに神戸大学の先生がいるから添削を依頼してあげようか?」

私「本当ですか!?ぜひよろしくお願いします!!(北海道大学のところを神戸大学と書き換えて神戸大学を志望してる体でいこう。)」

ということがあり、神戸大学の先生に添削していただいたのですが、

 

神「資源の配分と所得の配分は異なる問題です。効率性と公平性の違い分かる?笑」

 

神「君の設定したテーマの意味は曖昧過ぎますねこれじゃテーマになりませんよ。」

 

神「労働者の効用関数における変数が、職場への満足度とは君は大変に珍しい考えをしてますね、経済学の通説では〜」

 

完全に煽られた気もするのですが、自分に足りなかったものは何なのかについて気づかされました。というのも、経済学の研究をするのに、今まで学んできた経済学の理論を踏まえずにテーマを設定していたんですね。これは型破りではなく型知らずと捕らえられても仕方ないです。経済学を学ぶとは改めてどういうことなのかを理解することができました。厳しいコメントが多かったのですが、かなりの量をくれたので、本当にありがたかったです。今までの自分は経済学の表面を追いかけてただけだったのだと気付かされました。今日の自分があるのは、あの神戸大学の先生のおかげです。ありがとうございます先生...

 

2.提出した志望理由書とその後

前回のコメントを踏まえ、「経済学の考え方」をきちんと復習することにしました。(芦谷ミクロ1章等で)

そして次なる志望理由書つまり改良版をつくりあげました。

 

これを本当に提出します。

f:id:sanagitosanagy:20180520121106j:image

見るのが面倒な人への要約

「企業が何で労働者にもっと賃金払わないんだろう?きちんとお金はらえば優良企業になっていい人たくさん来るじゃん。ユニクロブラックだけど、たくさん報酬もらってる柳井さんが少しでも分け与えればいいじゃん。何でやらないの?意思決定知りたいな。」

 

 

 

かるといいね、ばいばい。

 

 

追記2017/9/23

北大合格しました。作りは割とよかったので、面接では「あまり」突っ込まれませんでした。(最適化ORの先生が面接官でなかったこともあるが。)

というか面接官があまり志望理由書に目を通してなかった気がする。。